血液クレンジング療法って知っていますか?

血液クレンジングって一体何?

血液クレンジングとはオゾン療法とも呼ばれているオゾンガスを使った色々な治療法のことで、ヨーロッパで主に行われています。やり方は、まず自分の血を抜いてそれにオゾンガスを溶解させます。血液とオゾンが反応すると、どす黒い赤から鮮やかな赤に変わり、そのオゾン化した血液をまた体内に戻すと言う療法だそうです。冷え性の人なんかだと身体がぽかぽかと温まるそうですよ。アンチエイジングの効果も期待されているようで、女性には気になる療法ですね。

色んな国で使われているみたいだけど安全性は?

日本国内ではあまり知られていない血液クレンジングですが、イギリスやドイツを始めとした各国では既に認知された療法だそうです。アンチエイジングだけでなく、動脈硬化疾患や、がん治療にまで応用されていると言うことです。オゾン治療の専門員が存在するくらいには安全な治療法だそうですよ。オゾン療法に関しては、皮下に注射したり大腸に注入したりする方法などを始め、いくつかの導入法があるようですね。その内の一つが血液クレンジングというわけです。

血液クレンジングする事で改善の可能性のある疾患は?

血液クレンジングを行うことで改善の可能性がある疾患は次のようになります。ガンや白血病・HIVや肝炎、インフルエンザ・動脈硬化・狭心症・アトピーなど・・・他にも挙げきれないほど沢山の疾患が改善する可能性を持っているということで、色んな人に嬉しい療法と言えますね。また、全身の疲れを癒やしたり、デトックスの効果があり細胞の若返り効果・老化予防もあるなど他にも色々。女性にも嬉しい、何とも素敵な効果が目白押しです。興味をもった方は一度試してみてはいかがですか?

血液クレンジングとはオゾンガスを自分の血液を抜いたものに混合させて体内に戻すことをいいます。血液の免疫力を上げる働きがあります。