心臓病の一つである狭心症という病気を知ろう

狭心症の症状ってどんなだろう。

狭心症は胸が締め付けられるような痛みや圧迫されるような痛み、動悸、息切れなどが発作的に表れる病気なんですよ。痛みは前胸部、特に胸の中央から喉にかけて、しばしば左肩や左腕、顎まで広がりみぞおちが痛むようなことがあるんですね。痛みは持続的で、1か所がチクチクしたり、脈打つような痛み方はまれなんです。痛む箇所が特定しにくく、一点に特定できる場合は狭心症でない可能性がありますので注意が必要なんですね。発作は数十秒かた数分続くんですよ。

狭心症の原因ってなんだろう。

狭心症は、心筋に血液を送る冠動脈の血流が滞ることなんですね、症状は2種類あるんですが、それぞれ原因も異なるんですよ。労作性狭心症というのは、急いで歩く、階段や坂を登る、重い荷物を持つなど、なんらかの運動をしたときに発作が起きるんですよ。冠動脈の動脈硬化が原因なんですね。一方、安静狭心症は、安静にしている時に発作が出るんですよ、特に夜中から明け方に多く出るんですよね。その原因は、冠動脈のれんしゅくで、血管が一時的に狭くなるためたんですよ。

狭心症を治療するにはどうするのか。

狭心症の応急手当てには、椅子にゆったりと座る、ニトログリセリンの舌下投与をする、痛みが30分以上続く時は病院へ行くという方法があるんですね。狭心症の多くが、動脈硬化なので、治療の主眼は動脈硬化がこれ以上進行して、心筋梗塞へ移行しないことが大切なんですよ。薬物療法、カテーテルインターベンション、バイパス手術などの治療を病院では行っているんですよ。生活で注意しなければならないのは、運動、喫煙、飲酒なんですね。

僧帽弁閉鎖不全症とは、心臓の左心房と左心室を隔てている僧帽弁の閉鎖に異常がおき、血液の一部が左心室から左心房に逆流してしまう病気です。治療には、僧帽弁の心臓手術治療が一般的です。