危険因子が増えると心臓病のリスクが急上昇!メタボとの関係性

心臓病とメタボリックシンドローム

高血圧や糖尿病といった生活習慣病はそれぞれ別々の原因で発症するものばかりでなく、特に内臓脂肪型肥満が長く続くことにより引き起こされます。簡単にいえば、これらのうち2つ以上の要素が重複しておこるのがメタボリックシンドロームで、代謝異常がおこり危険な状態といえるでしょう。また、心臓病や脳卒中になる危険性が高く、中でも働き盛りの30代から50代にメタボが多くて、危険因子が増えるたびに心臓病のリスクが高まり、何もない人に比べると30倍にもなるため、死の四重奏とも呼ばれています。

血管のキズを修復するアディポネクチン

近年、内臓脂肪が心臓病や脳卒中の原因になる動脈硬化を引き起こすメカニズムが解明されつつあります。その中で脂肪細胞が分泌するタンパク質、アディポネクチンが血管のキズを素早く修復して動脈硬化を予防する善玉たんぱく質であることがわかったのです。これは、いわゆる心臓病などにならないようにしてくれる火消しの存在で、標準的な体格の人の身体の中にはたくさんあるのですが、内臓脂肪が増えると分泌されにくくなるので気を付けましょう。

メタボの診断基準はウエストだけではない

太っている人の中には内臓脂肪型と皮下脂肪型があり、前者は一見、それほど太ってみえないことも多いので、一度確認してみましょう。日本ではウエストのくびれた部分ではなく、へそ周りの一番太い部分を計測して男性は85cm以上、女性は90cm以上がメタボの基準となっており、40歳から74歳の人には特定健診を受けることが義務化され、メタボの人には保健指導が行われています。中性脂肪やコレステロール、血圧や血糖値のうち2つ以上の項目が基準値を超える場合でもメタボと診断されます。生活改善をおこない、心臓病予防のためにも早めに対処するようにしましょう。

大動脈弁狭窄症とは、大動脈弁が細くなって、心臓の左心室から大動脈に血液が押し出せなくなり、左心室が肥大化します。放っておくと狭心症、失神、心不全が起こり、突然死する危険性があります。