心臓病の一つである狭心症という病気を知ろう

狭心症の症状ってどんなだろう。

狭心症は胸が締め付けられるような痛みや圧迫されるような痛み、動悸、息切れなどが発作的に表れる病気なんですよ。痛みは前胸部、特に胸の中央から喉にかけて、しばしば左肩や左腕、顎まで広がりみぞおちが痛むようなことがあるんですね。痛みは持続的で、1か所がチクチクしたり、脈打つような痛み方はまれなんです。痛む箇所が特定しにくく、一点に特定できる場合は狭心症でない可能性がありますので注意が必要なんですね。発作は数十秒かた数分続くんですよ。

狭心症の原因ってなんだろう。

狭心症は、心筋に血液を送る冠動脈の血流が滞ることなんですね、症状は2種類あるんですが、それぞれ原因も異なるんですよ。労作性狭心症というのは、急いで歩く、階段や坂を登る、重い荷物を持つなど、なんらかの運動をしたときに発作が起きるんですよ。冠動脈の動脈硬化が原因なんですね。一方、安静狭心症は、安静にしている時に発作が出るんですよ、特に夜中から明け方に多く出るんですよね。その原因は、冠動脈のれんしゅくで、血管が一時的に狭くなるためたんですよ。

狭心症を治療するにはどうするのか。

狭心症の応急手当てには、椅子にゆったりと座る、ニトログリセリンの舌下投与をする、痛みが30分以上続く時は病院へ行くという方法があるんですね。狭心症の多くが、動脈硬化なので、治療の主眼は動脈硬化がこれ以上進行して、心筋梗塞へ移行しないことが大切なんですよ。薬物療法、カテーテルインターベンション、バイパス手術などの治療を病院では行っているんですよ。生活で注意しなければならないのは、運動、喫煙、飲酒なんですね。

僧帽弁閉鎖不全症とは、心臓の左心房と左心室を隔てている僧帽弁の閉鎖に異常がおき、血液の一部が左心室から左心房に逆流してしまう病気です。治療には、僧帽弁の心臓手術治療が一般的です。

血液クレンジング療法って知っていますか?

血液クレンジングって一体何?

血液クレンジングとはオゾン療法とも呼ばれているオゾンガスを使った色々な治療法のことで、ヨーロッパで主に行われています。やり方は、まず自分の血を抜いてそれにオゾンガスを溶解させます。血液とオゾンが反応すると、どす黒い赤から鮮やかな赤に変わり、そのオゾン化した血液をまた体内に戻すと言う療法だそうです。冷え性の人なんかだと身体がぽかぽかと温まるそうですよ。アンチエイジングの効果も期待されているようで、女性には気になる療法ですね。

色んな国で使われているみたいだけど安全性は?

日本国内ではあまり知られていない血液クレンジングですが、イギリスやドイツを始めとした各国では既に認知された療法だそうです。アンチエイジングだけでなく、動脈硬化疾患や、がん治療にまで応用されていると言うことです。オゾン治療の専門員が存在するくらいには安全な治療法だそうですよ。オゾン療法に関しては、皮下に注射したり大腸に注入したりする方法などを始め、いくつかの導入法があるようですね。その内の一つが血液クレンジングというわけです。

血液クレンジングする事で改善の可能性のある疾患は?

血液クレンジングを行うことで改善の可能性がある疾患は次のようになります。ガンや白血病・HIVや肝炎、インフルエンザ・動脈硬化・狭心症・アトピーなど・・・他にも挙げきれないほど沢山の疾患が改善する可能性を持っているということで、色んな人に嬉しい療法と言えますね。また、全身の疲れを癒やしたり、デトックスの効果があり細胞の若返り効果・老化予防もあるなど他にも色々。女性にも嬉しい、何とも素敵な効果が目白押しです。興味をもった方は一度試してみてはいかがですか?

血液クレンジングとはオゾンガスを自分の血液を抜いたものに混合させて体内に戻すことをいいます。血液の免疫力を上げる働きがあります。

1 3 4 5 6 7